「腰の痛みから気づいたこと with Pure Awareness」

May 23, 2018

もう10日ほど腰の深い痛みとともにいます。葉山で近所の接骨院でなにをしてくれるかなぁと一回いってみたら、ひとめみるだけで「ぎっくり腰」ですねと、電気をあててくれました笑。

仕事柄、「このからだの痛みはなにを伝えようとしているのか?」と気づきに入るわけですが、どうも気づきの向け方が身体よりになってしまう。

旅が多かったからだろうか?暑い(バリ島、タイ)寒い(日本)の繰り返しでからだが悲鳴をあげたのだろうか? 忙しすぎて疲労していたので、休みなさいというサインなんだろうか?などなど。やはり理由を外にもとめがちでした。

5年前の入院・手術のときに薬でも手術でもなおらなかったのにね。自己治癒力以外のなにものでもないのに、まだあの時点では信じきることはできなかったようです。

頭では理解していたけれど、体現できていなかった「怒りや恐れの感情や思考が痛みを作っている」ということにようやく気づく機会を与えられました。

 


「すべては自分が創造している」「自分のからだのインテリジェンスを信じる」「自分で癒す・治すことができる」ということ。

無意識ではもちろん自己治癒力を常に使っているわけですが(傷をなおしたり細胞分裂させたりね)、ここに意識でも痛みに働きかけるというシンプルでパワフルな体験。

自己ヒーリングを頭で理解ではなく、体感できたこと。

また詳しくメルマガかブログで書きたいと思ったらシェアするかもしれません笑 お会いした方たちには、いつになく熱く語っていますが😊

まだまだ痛みもありますが、気づき、意識による変化がすごすぎてもう少し持っていたい(自称まぞっこまこちゃん笑)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

mother ocean