「もう自分から逃げない」(2014/9/20: メルマガからの転記)


葉山に、半移住してから早くも2ヶ月が経ちました。

ゆっくり始めていこうと思っていた、 葉山でのリトリート的な講座やセッションも、

すでにご予約をいただいて7月から開始しています。

ありがたいことです。感謝です。

今日は、出産がなかったので、

産婦人科でのセッションがお休みで、久しぶりのオフです。

ようやく、メルマガ発行です(苦笑)

「もう自分から逃げない」

さて、葉山で、時間を過ごすようになって、 あたらめて感じるのは、私はずいぶんと長いこと、

「自分を見失っていた」ということ。

「自分(使命)から逃げていた」とも言えます。

ざーっと振り返ると、

物心着く頃から、「自分のいる場所は、ここじゃない」

という不思議な喪失感から常に現実逃避をしてきました。

職歴も、外資系銀行での為替ディーラーや 広告会社の営業、はてには、LAで起業して社長を務めたことも。

一見華やかなんだけど、常に、

「ここは自分の居場所じゃない感」がついて回ってすぐ転職・離職。

一方で、自分はどうして、「生きたい!」という気持ちが薄いのかなぁと、

不思議に感じていました。

冗談じゃなく、子供の頃から、もし、明日死んじゃっても寿命だからしょうがないな。 なんて思っていました。

まぁ、この感覚は、今もあまり変わらないのですけどね(苦笑)。

そのため、昨年、入院したときには、 「生きる気力」を保つのに苦労しました。

「生きていくため」には、

常に、自分に楽しみや刺激を与えたり、

環境を変えてあげる必要があったのです。

自殺願望があるわけではないのですよ。

ただ、なにかを「あきらめ」ているような

「向かい合うのを避けている」ような.....

20代、急にアメリカに行って、

今、生きているのが不思議なくらい自暴自棄な生活をしたり、

戻ってきても、ふらふらと転職を重ね、ジプシーのような生活をしていました。

常に、「何かを探している」ふりをしながら 「何かから逃げている」生活。

30代で、会社を辞めて、ハワイでの生活。 憧れの生活も、一年で飽きて帰国。

帰国しても満たされず、またハワイにいこうとしたら、

まさかの入国拒否で、ビザを取り上げられる。

そして、求められるまま日本で結婚。

結婚式直前に、父親の肺がん手術、そして、結婚直後に弟の自死。

家族を持つことで、どこかに所属している感を持ちたかったけど、

それも違うことに気づき、7年間の結婚生活に終止符を打つ。

その後、まもなく、原因不明の腸の炎症で、入院・手術。死を強く意識。

「生きたい感」は弱かったけど、まだ寿命じゃないなと感じて復活。

これは、去年の話。

こんな50年近く(!!)を過ごして、ようやく、

「自分と向かい合う」時がやってきたようです。

今まで避けてきたのだけど、もう、逃げられないなと(苦笑)。

「自分の使命」とか、今生、日本に生まれた理由とか、

いろいろと感じるところはあるけれども、

もう、逃げてる場合じゃないのだなというところに来ました。

まだ具体的には、はっきりしないのですが、 日々、コツコツと一生懸命やっていたら そこにつながるからまぁいいだろうと いった緩い感じですけどね(笑)

というか、ゴールや目標はありません。 そこを目指していないのです。

「ただただ流れに乗っていく」ということです。

その流れを信頼して。

今まで、自己否定や自己嫌悪が強く それをどうにかしようと、いろいろとやってきましたが、

ここに来て、ようやく自分を信頼することができました。

「わたくし、ようやく逃避することをやめようと決意しました」 という報告でした!

でも、時々、逃避するだろうなぁ(笑)

最近、信頼する人から受けた、 「シータ・ヒーリング」や、

ご縁で繋がらせていただいたカリスマ占星術師さんによる、確認・後押しもあり、

確固としたものとなりました。

仲間や家族のサポートに、深く感謝しています。 ありがとうございます!

 DIVINE LIGHT